イスクラ温胆湯(うんたんとう)

イスクラ温胆湯ってどんな薬?

婦宝当帰膠の一番の特徴は、古来より「女性の宝」と称されていた当帰を約70%含んでいることです。当帰といえばセリ科の生薬で、不足した血と気の両方を補う働きがあり、中医学の世界では婦人病の要薬ともされています。もちろん、病気だけでなく、美容目的にも使われています。

期待されている効能・効果

更年期障害、肩こり、貧血、腰痛、めまい、のぼせ、耳鳴り、生理不順、生理痛、冷え性 など

イスクラ温胆湯が向いている方

・血と気を補う働きがあるので、例えば虚弱体質の方や病気の後、手術の後、出産の後から慢性的な血虚状態にある方に向いています。※防腐剤が配合されていないので、安心

イスクラ温胆湯と他のお薬の違い

婦宝当帰膠の一番のポイントになるのは「補血剤」であることです。読んで字のごとく、血を補う薬というわけです。婦宝当帰膠以外にも補血剤はありますが、なぜ婦宝当帰膠がいいのかと言うと、婦宝当帰膠には「当帰」という生薬が約70%も入っているからです。

また漢方薬と聞くと、苦くて不味そうと感じられる方もいますが、この婦宝当帰膠は、防腐剤不使用で、黒蜜シロップのような甘さで美味しいので、漢方エキス剤が苦手な方にも飲んでいただけるかと思います。

ほかにも当帰には、血の巡りを良くして、血の滞りによって生じた痛みを止める、血の不足によって潤いが足りなくなった大腸の乾燥による便秘にも効果を発揮すると言われています。

なんだか最近、顔色が悪い、疲れやすい、目がかすむ、不眠気味だなと思う方はチェックしてみてくださいね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP